Webサイト制作の適正価格について考察

開業してからというもの、一般的な会社案内サイトであれば、15万円ほどの制作料からオリジナルデザインのサイトを制作してきた。

ページ数にして、だいたい6ページくらい。

内訳は、

  • トップページ
  • 事業案内ページ
  • コンセプトページ
  • 会社概要ページ
  • お問い合わせページ
  • お知らせページ

である。

そして、これらを制作するのに、実際にどれくらいの工程が必要かというと、

  • ヒアリング
  • ワイヤーフレーム制作
  • デザイン制作
  • コーディング
  • 各ブラウザでのテスト
  • 上記に付随するディレクション

だ。

まあ、それぞれでかかる必要コストをひとつひとつ積んでいけば、どう考えても15万円という価格では制作はできない工程数である。

それでも、なぜ、15万円で出来ていたかというと、

  • ワイヤーフレーム制作
  • デザイン制作

をコーディングをしながら頭の中だけで完遂していたからに他ならない。

おそらくは、フリーランスでWebサイト制作を請け負っている方の多くが、このやり方ではないかと推測している。

しかし、一法人が、このやり方では持続可能かというと、答えは「難しい」になってしまう。

なので、値上げします。という記事です。